さいたま市の消化器科,内視鏡,マンモグラフィー【服部外科胃腸科医院】

電話番号 048-862-3799

埼玉県さいたま市南区別所5-6-12

診療案内
内視鏡
腹腔鏡手術
乳腺外科
血管外科
肛門科
肛門科
料金表

 

さいたま市の検診

 

腹部消化器内視鏡センター

 

Mobile Site

 

トップページ»  肛門科

肛門科

肛門科とは

肛門科とは

症状や困っている内容をよくお聞きした上で治療方針を決定します。治療は納得した上でご希望に沿うよう行います。出来る限り切らずに済ませる方針です。しかしながら明らかに切除したほうがよい場合や長期的に見て切除したほうがよい場合はご説明した上でお勧めすることもあります。毎日使う大事な部分のことなので簡単に済ますとか、短時間で済ますということではなく、症状を改善するための診断を的確にし、キズは必要最小限にすませることを最終目標にします。

肛門部の症状でも腸管の動きや腹部臓器が原因のこともありますので内科的な診察や内視鏡検査なども行う場合もあります。

入院施設もあるため必要な場合は短期入院で行ったり、日帰りでも可能な場合は安静の後帰宅していただきます、ただし自宅でも必要最低限の安静は守っていただきます。意味なく入院する必要はありません。

病状やご希望にあわせて麻酔の種類を選択します。

一般的には治療後に大きな日常生活上の制限は生じません。排便、入浴なども通常通りです。最近は切らなくても痔をしぼませる治療方法もあります。

妊婦中や出産後は肛門のはれやすい時期です。自分だけでなくたくさんの方が診察に来られます、部位的に来院しにくいかと思いますが悩まずに子供連れでかまいません。症状を悪くする前にご相談ください。痛みがあるのに診察でつらい思いをしないように、痛い検査はできるだけ避けています。

※内痔核/外痔核/裂肛/痔ろう/肛門狭窄などの治療にあたっています。

 

痔核

痔核(いぼ痔)とは肛門に負担がかかり、肛門の血管が膨らんでできた「こぶ」のようなものです。
出来る場所により、「内痔核」と「外痔核」に分けられます。

 

痔ろう

痔ろう(あな痔)とは、肛門にあるくぼみ(肛門陰窩)から腸内の細菌が侵入し、肛門腺が化膿していき、肛門のまわりに管ができたものです。
この管によって、肛門の内側と外側が突き破られた状態になってしまいます。

 

裂肛

裂肛(きれ痔)とは、便秘の時などに硬すぎたり太すぎたりする便が肛門を無理に通過する事で肛門管の上皮が切れたり、裂けたりした傷の事です。
また、下痢の時にも肛門に負担がかかり、裂肛になることがあります。
肛門は便が通過するため、傷が自然には治りにくい場所です。

 

ページTOPに戻る